So-net無料ブログ作成

クリスマス [日記]

ここ数年、クリスマスイブはホテルで個室ディナーというのが
恒例となりつつある我が家。
今年も行って来ました。

食事中、まずは音楽隊がやって来て
クリスマスソングを生演奏してくれました。
雰囲気が盛り上がります。
少しすると次は マジシャンがやって来て、ショー開幕。
子供たち、さらに盛り上がります。

そしていよいよお待ちかね、サンタさんの登場。
子供も大人も大喜び!
子供たち、サンタさんに片言の英語でお礼を言って
プレゼントを受け取ります。
記念撮影してサンタさんが部屋を出ていくと
子供たちは早速プレゼントを開けて、大喜びです。
プレゼントに夢中。
それを見て親も、大満足。笑

食事の後は、ホテルの教会でチャペルコンサートを聴き
ライトアップされた中庭を散歩し、帰宅。
今年も家族全員で楽しいクリスマスを過ごせたことに、感謝です。
子供たちは小学生。
いつまで家族でクリスマスを過ごせるかなぁと少ししんみり。

来年も家族で元気にクリスマスを過ごせるよう
また一年、色々頑張ろうと思います!
Inkedクリスマスサンタ2.jpgクリスマスブログ用.jpg

k.


共通テーマ:日記・雑感

白鳥を見ていたら [日記]

先日、町内のスタンドに給油しに出掛けた。
給油中、道路を隔てた田んぼに白いものが点在しており
気になって よくよく見ると、白鳥だった。
えっこんな町中に白鳥が、しかも40羽・・・いやもっといるかもしれない。
帰宅して妻に話すと「見てみたい!連れて行って!」と。
陸奥湾沿岸の漁村で生まれ育った妻は、白鳥は海にいるものと思っている。
そして漁師がようやく育てた養殖海苔の網についた収穫直前の海苔を
白鳥に食べられてしまったという嘆きを聞きながら育ったとか。
妻は田んぼにいる白鳥を睨みつけるような怖い顔で見ていた。
長い時間が経ったような気がした。
白鳥1.jpg白鳥2.jpg白鳥3.jpg
「寒くなったから、お父さん帰ろう」「うん」
帰宅後「随分長く見てたね」と聞くと、白鳥を見ていたら
亡くなった両親や祖母を思い出した、と。
妻が子供の頃、白鳥の餌だといって細かくしたリンゴや、仏壇のお菓子を
持たせてくれた話。そこから子供の頃の思い出話に波及していく。
自分も幼少の頃を思い出していた。
自分が子供の頃の青森では、10月下旬頃、海の沖の方に白鳥の姿が見えると
長い冬の始まりと言われていた。そして間もなく雪が降ってくる。
長い長い雪との戦いの日々が続くことになるのだ。

y.

共通テーマ:日記・雑感